起業、不動産、収益、商品情報をいち早く発信しています。

ニュース

スポンサーリンク


ブログランキング

RSS ゲームアプリ無料!

こちらもおすすめ→

今話題のニュース

【レスリング】谷岡郁子・至学館大学長迫力満点!こわい 「伊調馨さんは選手なんですか?」

投稿日:

【レスリング】谷岡郁子・至学館大学長迫力満点!こわい 「伊調馨さんは選手なんですか?」

レスリングの伊調馨選手へのパワハラ告発問題で、加害者と指摘されている栄和人監督が所属する至学館大学(愛知県大府市)の谷岡郁子(くにこ)学長が2018年3月15日、告発内容への「反論会見」を開いた。そこで述べた内容が新たな論議の火種となった。
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

練習場が定まっていないという伊調選手に対し、谷岡学長は「必要があるなら私たちはいつでも歓迎」と寛容さを見せる一方、「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」と疑問を投げかけた。スポーツジャーナリストの玉木正之氏は会見を聞き、発言内容に「古い考えです」と眉をひそめた。

伊調選手は至学館大(旧・中京女子大学)出身で、卒業後の現在は警備会社ALSOK(アルソック)に所属している。谷岡学長は会見で、「もし母校である至学館で練習する必要があるなら、私たちはいつでも歓迎である旨は申しました。栄監督が率いるレスリングチームの道場は彼個人のものではない。私が『使わせる』と言えば、伊調馨さんはいつでも使うことができます」と寛容な姿勢を見せた。また、「その程度のパワーしかない人間なんです、栄和人は。パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、私には分かりません」とパワハラの存在を否定した。「選手でない人、五輪をめざすはずがない人の5連覇を阻止するということが、存在できるでしょうか。明らかに協会の大スポンサーでもあるアルソックに所属する人の練習場所を抑えてまわるほどのパワーが、栄監督にあるでしょうか」 とも語った。

伊調選手は2月9日のwebスポルティーバのインタビュー記事で、「今はまだ選手としてやっていくこと、オリンピック5連覇ということに意味・価値を見いだせていないので、漠然と『選手に戻る』ということはありません」と迷いを明かしている。だが同時に「戻るとしたら100%、腹をくくったとき」とも述べ、本格的な現役続行に含みを持たせている。

そもそも女子レスリングが強くなったのは栄監督の力がかなりあったのではないかと私は思うのですが。栄監督が気の毒になりました。信頼する吉田選手の意見を聞いてみたいです。
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PR

1番ポイント率が良いおすすめ!

-今話題のニュース
-

Copyright© ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。